ドローン関する法律記事一覧

ドローンにも航空法が適用されます。航空法には旅客機・ヘリコプター・セツナ機などの有人航空機も航空法に乗っ取って運行されています。ドローンも同じ航空法に沿って飛行させなければなりませんが有人の航空機の安全に影響を及ぼす恐れがある空域は飛行禁止となっています。地表または水面から150m以上の高さ空港周辺の地域人口集中地区これらの空域で200g以上のドローンを飛行させる場合、「改正航空法」が適用されドロ...

200g以上のドローンを飛行させようとする場合、下記の上空において国土交通省の許可を受けなければ無人航空機を飛行させてはいけません。空港と周辺に設定された進入表面等の上空の空域地表またはス面から150m以上の高さの空域国税調査の結果を受けて設定されている人口集中地区の上空※@の空港周辺Aの150m以上の高さは200g未満のドローンも飛行させてはいけません。無人航空機を飛行させる際は以下の方法により...

ドローンは誰でも飛ばせますがお子様にドローンを買ってあげる場合注意が必要です以前はドローンはおもちゃとして誰でも飛ばしていました。河川敷や空き地などでラジコンの飛行が多くみられていましたが事故などが多く危険なものとしてとらえられるようになり、無人航空機として航空法が改正され2015年12月に改正航空法が追加されました。無人航空機に係る事故等で国土交通省に報告があった件数2015年 改正航空法施行後...

ドローンにも自動車やバイクと同じように保険を掛ける事は出来ます。ドローン保険には、賠償保険と機体保険があります。賠償保険は、第三者への賠償責任を補償する保険で対人補償や対物補償、管理財物補償のほかに、人格権侵害補償などに対応します。機体保険は、事故や盗難にかかわらず、機体自体の損害を補償する保険で操作ミスによる破損、火災・落雷や水漏れ・水没、盗難などに対応します。DJI製品を購入した場合、購入特典...

TOPへ